So-net無料ブログ作成
きっかけ ブログトップ

きっかけ3 手湿疹 [きっかけ]

アクリルたわしの特徴として、「洗剤による」手荒れの軽減があります。

ただしアクリル自体が肌に合わない場合や、特に湿疹等がある場合は、悪化する可能性もあるのでお気を付け下さい!

斯く言う私も、肌が敏感な時期はアクリル特有の肌触りに違和感を感じる事もありました。
手湿疹を繰り返していたので、素手で使い始めた時に正直駄目かな‥と思ったのですが、痒みや湿疹は出なかった為、本格的に自分の食器洗いにも使用し始めました♪

あくまで個人的な体験談なのですが、
実際に洗剤による肌への負担が軽減された事が、使用継続の決め手になりました。


梅雨や乾燥の時期に出来る手湿疹は、痛痒いしなかなか治らないし、本当に厄介で(+o+)
医師には、水で濡らさない様にし、皮膚への刺激を和らげる様に言われていたので、
薬をつけて、綿の手袋をし、水仕事はビニールかゴム手袋が必須。

でもコップ一つ洗う位は大丈夫だろう。
使いかけの包丁やまな板をササッと洗っておこう。

私の場合は、そういう時に手袋をせずに洗剤を使ってしまう事が悪化の原因だった様です∑ヾ( ̄0 ̄; )ノ

治りかけの時に刺激をしてしまい、無意識に掻いてしまうので、繰り返してしまう。
それが分かっていても、細目に手袋をしたり手入れをしたりするのが、なかなか出来ない時もあります‥
そこで「ちょっと洗いたい」という時にアクリルたわしを使い始めました。

現在は手湿疹も殆ど出なくなり、たまにプツプツと湿疹が出来ても悪化しないで済むようになりました。
洗剤による手荒れにお困りの方に、アクリルたわしを是非ぜひお勧めしたいです。

もちろん手袋を着用して、洗剤を付けてもアクリルたわしは使用頂けます。
洗剤なしでOKと言われても、始めは心配だったりすると思いますので、コップやスプーン等、ささっと洗いたい物から使い始めてみるものお勧めです。
是非お試し下さい(*'▽'*)

手編みのアクリルたわしはこちらにて販売中
Chai's Craft

IMG_0425s.jpg

きっかけ2 掃除 [きっかけ]

犬の食器に使った次は、洗面所の掃除用に自分でアクリルたわしを作ってみました。
こちらも年季の入った物ですが[カメラ]
IMG_0565.JPG

恥ずかしながら、まめに掃除をするタイプではない私(ー_ー;)
スイッチが入ればこちらもあちらもと張り切って掃除をするのですが、それまでは見て見ぬ振り‥
でも気にならない訳ではないんです!

蛇口や排水溝の水垢って結構目立つので、細目に掃除が出来る様に目に付く所に置けて、狭い洗面所でも決して邪魔にならない様に小さ目に作ったタワシ。

汚れを見つけたら、ささっと拭き取る感じで、すぐに使用出来るのでかなり役立っています。

こちらの丸いモチーフたわしが同じ位の大きさの商品です。
IMG_0367.JPG


自由な形と大きさで作れるのがアクリルたわし。
この位の大きさで、こんな形をした物が欲しいのだけれど‥
というオーダーも是非ぜひお待ちしております!!
お気軽にお問合せ下さいませ。
Chai's Craft浵㤽

使用開始のきっかけ1 犬の食器 [きっかけ]

私が初めてアクリルたわしを手にしたのは,、今から4年位前です。
叔母が作ったものを頂いたのが始まりでした。

しかし食器洗いに使うには小さく、掃除に使うのは勿体ない‥と半年ぐらい放置(笑)
愛犬の夕飯を手作り食に変更したのをきっかけに、犬の食器用たわしとして使い始めました。

それまでは水洗い+たまに手で擦る程度。
母乳を離れてすぐの時期に私の元に来た、小さな小さな犬の体内に、食器用洗剤とはいえ化学物質が入るかもしれない。
そう考えた時に洗剤を使う事に違和感を覚えていたのですが、ドライフード以外を食べる様になり段々と食器の着色が目立つようになり(^^;)

その時に洗剤なしで洗えるアクリルたわしを思い出し、犬用にしました[カメラ]

IMG_0570.JPG

大分すたれていますが‥
このタワシは使用頻度が少ない事もあり、3年間もつ程の耐久性がありました。
さすがに衛生面が気になり、新年を機に新しくしたのですが、お腹を壊した訳ではありません(*^^*)


実は昨年愛犬に先天性の脳の病気がある事が分かり、例え少量とは言え合成界面活性剤入りの洗剤を使わなくて良かった!!と感じました。
(犬の病気について興味のある方はこちらのブログをご覧ください)

後程記事にしようと思いますが、決して洗剤が駄目という訳ではありません。
除菌の為に使用した方が良い場合もあります。

ただ洗剤を使わない選択があるという事です。


小さな犬や乳幼児のいるご家庭に是非お勧めしたいのが、アクリルたわし。
手作り品はこちらにて販売中↓
Chai's Craft

きっかけ ブログトップ